地域に寄り添う琉球銀行

外貨預金の基礎を知ろう


外貨預金の種類

外貨預金は預金の一種ですが、この低金利時代の投資法として注目と人気を集めています。株式や投資信託は難しそうでよく分からない、という方でも外貨預金なら仕組みとしては円預金とほぼ変わりませんので、比較的始めやすいイメージがあるのも一因でしょう。

外貨預金が投資として成立するのには大きく二つの理由があります。一つは外国の金利水準が日本と比べて非常に高いという事です。現在の日本との金利差を考えると外貨預金はとても魅力のある金融商品であると言えるでしょう。二つ目は、円高と円安の差を利用した為替差益です。円高の時に預け入れをして円安の時に引き出しをする、という具合に為替変動をうまく利用すれば大変お得です。

一口に外貨預金、と言っても様々な種類があります。外貨普通預金、外貨定期預金、外貨貯蓄預金、外貨通知預金などがありますが、外貨普通預金と外貨定期預金は、円建ての、つまり私達が普段利用している普通預金、定期預金と同じようなものだと考えて下さい。

外貨普通預金はいつでも自由に引き出しができますが、外貨定期預金は満期日が来るまで引き出すことはできません。その代わり外貨普通預金と比べて高い金利が設定されています。外貨定期預金では最低預入金額が設定されていることがありますので、各金融機関の商品概要説明書などをよく確認することが必要です。

外貨貯蓄預金は預入日から1ヶ月経過しないと引き出すことができませんが、以降は自由に引き出しができます。金利は外貨普通預金よりは高く、外貨定期預金よりは低くなっています。

外貨通知預金は、一定の据置期間が経過するまでは原則として引き出すことができず、引き出しをする際には2日前までに金融機関に通知しなければなりません。据置期間があるため、金利は外貨普通預金よりは高く外貨定期預金よりは低くなっています。

次に、外貨預金にはどんな種類の通貨があるのでしょうか。大きく分けると3種類に大別することができます。まず、先進国の通貨、例えば米ドルやユーロです。次に資源国の通貨、豪ドルやニュージーランドドル、南アフリカランドなどがあります。そして新興国の通貨、南アフリカランド、中華人民元、メキシコペソなどです。

金利だけ見れば新興国の高金利通貨はとてもお得に思えますが、為替相場が大きく変動する可能性があり、また取り扱い銀行が少ない事から手数料が高くなりがちです。取り扱い銀行が多く、通貨の流通量や為替情報も豊富なアメリカドルやユーロが初心者にはおすすめです。特にアメリカドルは基軸通貨でもあるので外貨預金をするには無難だと言えるでしょう。

外貨預金では、円預金のように一旦預入をしてしまえば安心、といったことはありません。預入期間や利息だけではなく預入通貨の為替レートなどに気を配ることも必要になってきます。為替の変動要因を見極め、リスクを避けて取引する事が大切です。日頃からニュースなどで積極的に情報を収集して資産運用に生かしてみましょう。