地域に寄り添う琉球銀行

外貨預金の基礎を知ろう


外貨預金と金利

外貨預金の魅力の一つとして、円預金より高い金利が挙げられます。各金融機関の商品案内を眺めてみると、円預金の何十倍もの年利が設定されている商品もあります。

年利だけ見ていると、外貨預金で資産運用しないのはもったいないと思えるほどです。そこで、何故外貨預金は高金利なのか、預金するに当たっての注意点は何かを少し見ていきたいと思います。

数ある通貨の中で特に高金利で人気を集めているのが、豪ドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド辺りでしょう。この3つの国に共通するのは、資源国であるという事です。天然資源が豊富な国というのは世界経済に大きな変動があってもダメージは少なくて済むでしょう。特に豪ドルやNZドルは資源国通貨でありながら先進国通貨でもあるという事が大きな強みとなっています。通貨が暴落する可能性も少ないと言えるでしょう。

オーストラリアやニュージーランドではここ数年好景気が続いており、その影響による金融政策で高金利になっています。

また資源国通貨の他、世界経済の中で急速に成長してきている新興国と言われる国の通貨にも高金利なものがあります。ただ、新興国通貨の利回りが良いのは資金調達のためにやむを得ず高金利を設定している場合が多く、政治情勢や金融情勢に不安定な要素が見られます。投資をする場合にはよく情勢を見極めることが必要です。

対してアメリカドルはこれらの通貨と比べると金利としてはずっと低くなっています。しかし、米ドルは世界の基軸通貨として流動性も高いので、他の通貨と比べて大きな変化は起こりにくい通貨であると言えます。

そして日本円はそれよりもはるかに低い金利であり利息はほとんど付かないような状況になっていますし、利上げもまだまだ望めないでしょう。先進国は経済的に成長しているので、高金利にはなりにくいという側面もあるのかもしれませんが、日本円の場合は金融緩和政策が不十分だとも言われています。このような背景があって、外貨預金に人気が集まっています。

外貨預金の金利は各金融機関によって異なります。住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行などのネット銀行では一般の都市銀行などと比べるとかなりお得な金利を設定しています。また、ネットバンクでは金利だけではなく、外貨預金する時に必要となってくる為替手数料も安く設定されています。

そして、外貨預金の利子には、円預金と同じように税金がかかることも忘れてはいけません。利子部分には所得税、復興特別所得税、地方税がかかってきますが源泉分離課税であるので確定申告は必要ありません。ちなみに、同じ外貨預金による利益でも、為替差益の方は雑所得とみなされ、確定申告が必要になる場合もあるので注意が必要です。